荷風マイナス・ゼロ (49)

ジョン・ラーベ ナチ党員だったが南京で多くの市民の生命を救った。日本軍の暴虐を記録したラーベの日記をのこした。

 

12月1日、暮れがた例の如く浅草公園に行き中西屋で夕飯を食す。公園の飲食店の中では珈琲も15銭なので万事上等の方であろう。オペラ館あたりの芸人はハトヤ茶店という店を好むという。珈琲一杯5銭という。常盤座の演芸を立ち見してのち電車で上野を過ぎて帰る。

12月2日、午後小説執筆1-2時間でたちまち嫌になった。筆を放って浅草に行き中西で食事する。常盤座の演芸を見て帰る。

12月9日、浅草オペラ館立ち見。松喜で食事する。

12月10日、午後銀座富士アイスで食事後浅草を歩く。映画館地下室のカフェーに入ってみると、銀座辺りで見知りの女給がいた。雰囲気もそれほど悪くなく酔客も少ない。思ったより居心地は悪くない。

12月12日、夜浅草散歩。ちょうど興行の終わる時間だった。公園外柴崎町の大通りでオペラ館出演の男女二人が歩いていくのを見たので、ひそかにその後を尾行した。女は出来合いの品らしいコートを着、手にかかえた包みの中から毛糸編み物の棒が突き出ているのを、ときどき気にしながら行く。男は長めの外套に折り革鞄を提げていた。本願寺裏をすぎ松葉町の裏通りに立ち並んだ貸家の格子戸をあけて入ったが、女はすぐさま用ありげに走り出て表通りの漬物屋で沢庵漬けを買ってふたたび家の中に入った。二人は昼夜三回の演芸をして家に帰ってはじめて夕飯を食べるのだろう。わたしはいわれなく一抹の哀愁をおぼえた。

(南京陥落)

12月13日、浅草公園中西で夕飯を食べ、オペラ館に入ってひと眠りした。バンドの音楽に覚めれば夜はすでに初更だった。

12月14日、銀座で食事して浅草に行き花月劇場を見る。(1935年に開場した東京吉本の本拠地。エノケン、ロッパが有楽町に進出したあとを埋めた。)

12月16日、午後浅草漫歩。カフェージャポンで少し飲んで帰る。

12月17日、カフェージャポンで飲む。暁二時に閉店したので付近のハトヤ茶店で焼きパンを食べる。公園の飲食店はこの夜(羽子板市)大半あけがたまで営業した。

12月18日、浅草公園に行き中西喫茶店でジャポンの女給いち子と待ち合わせ、いっしょにオペラ館の演芸を見る。いち子と別れひとり今半で夕飯を食べる。

12月19日、浅草ジャポンで休む。帰り道女給らと雷門の蕎麦屋で一杯飲む。

12月20日浅草公園で食事し、オペラ館の新曲を聞き、カフェージャポンで憩う。酔客雑踏。三鞭酒を抜くものが少なくなかった。

12月22日、共産党員400余人捕縛の号外出る。(人民戦線事件)

12月23日、浅草公園ジャポンに憩う。女給いち子泥酔見るに忍びず。出てハトヤ茶店に入る。夜はすでに一時になろうとする。オペラ館男女の芸人が七八人いた。みな近所に住むもののようでジャムトーストをたずさえ帰る女優もある。可憐の思いを生じさせる。わたしは震災前帝国劇場の女優と交わりその生活を知った。かれらは技芸ははなはだ拙いにもかかわらず心がおごって愛すべきところ少なかった。今夜はからずもオペラ館女優の風俗を目撃し、その質素なことを見てますます可憐に思うのだった。

12月25日、夜浅草公園萬成座花月座立ち見。偶然玉の井広瀬方の女に逢う。ともにその家に行き、夜半また浅草公園を過ぎる。ハトヤ茶店に立ち寄って見ると、露店商人が帰途空腹を満たそうとするものまたオペラ館の踊り子大勢がストーブを取り巻いていた。公園の深夜でなければ見られぬ情景だろう。

12月27日、浅草に行き中西屋で食事する。灯火はたちまち燦爛とする。ハトヤ茶店前で常盤座出演の女優まり子に逢い千束町のお駒の家に行った。公園興行物の内幕ばなしを聞きいつか十二時近くなったので辞して帰る。

12月29日、この日夕刊紙上に全国ダンシングホール明春四月限りで閉止の令が出た。目下踊り子全国で2000余人いるという。この次はカフェー禁止そのまた次は小説禁止の令が出るであろう。恐るべし恐るべし。

12月30日、夕飯を浅草で食べようと灯ともしごろ公園に着く。オペラ館を立ち見してのち中西屋で食事し銀座に出て富士地下室で一茶する。

12月31日、暮れがた浅草で食事しカフェージャポンに憩う。除夜の鐘を聞く。女給いち子を連れ観音堂に賽銭をあげる。群衆雑踏してほとんど歩くことができない。雷門から電車に乗り銀座に出て夜市を看る。灯火は煌々として白日のようだ。芝口の金兵衛に行きいち子とともに茶漬け飯を食べる。いち子はわたしの家に来てすこし休んでのち麻布十番にあるという姉の家に行くと言って待たせておいた円タクに乗って去った。

 

(12月12日南京が占領されて以降、6週間にわたって南京大虐殺と今日呼ばれる中国国民への虐殺がつづいた。)

さよならマエストロ 進行

 

芦田の髪形は流行りのシースルーバングだが

 

 

ドラマ終盤でデコ出し(アップバング?)も見てみたい。

 

今回も快調だった。西田敏行の回で悪目立ちすると困ると思っていたけれども、ちゃんとパートを演じていた。ほんとうに体調がよくないのか?そのかわり満島慎之介が濃い芝居だが、よいスパイスになっている。

西田の音がとぎれるところを、団員がカヴァーする演出もいい。使用される音楽は一貫して定番なものだが、はさみこみかたにセンスを感じる。

ともかく各演員の演技で調和の幻想をかもしだす、このドラマの作劇は好感がもてる。芦田はまだ不協和音を奏でているとはいえ、さまざま新たなノイズが発生して全体にまぎれこんでいる。

人間集団があるとエゴと利害が対立し、葛藤と劇が生まれる。おかしなひねりや超能力は必要としない。ちゃんとした楽譜があり、コンダクトもパートの演奏もうまくいっている。お手本になるドラマだ。

荷風マイナス・ゼロ (48)

オペラ館

 

10月4日、ある人の話ではかつて熱海のある旅館に共産党党員数名が宿泊していたのを、刑事ら大勢が捕縛に向かった。八月中のことだそうだが新聞には記載されなかった。党員はピストルを撃ったが弾丸が尽きてついに捕らえられた。一人の刑事が党員の一人に縄をかけようとするとき、拳でその顔を打ったところ党員は冷ややかに笑い、君は命がけでわれらを捕らえた。しかし政府から賞与を受けるのは君ではない、賞与を得るものはわがピストルで傷ついたものだ。政府の行賞はどんな時でも公平だった例がない。君は他日かならずわが言の当たっていることを知るだろうといった。はたしてその言葉通り賞与は無事だった刑事には下賜されなかった。これでその刑事は深く感じるところがあり、刑事の職を辞し、松竹キネマ会社の雇人になったという。

またある人の話に、戦地では出征の兵卒の中には精神錯乱し戦争とは何ぞやなど譫語を発するものが少なくない。それらの者は秘密に銃殺し表向きは急病にかかって死亡したものとするのだ。

10月16日、税金通知書を見ると左の如し、金80円17銭所得税第二期分 金26円71銭府市税 金8円3銭特別税つまり戦争税だろう。

10月12日、輸入雑貨品は追々禁止のため品切れとなるので、銀座聖路加薬舗で安全剃刀の刃英国製ペーアス石鹸(ペアーズ)米国製コルゲート歯磨きなどを購う。この中にはすでに品切れになったものもある。わたしはペーアス石鹸とコルゲート歯磨きは西洋遊学中から今日に至るまで30余年使い慣れたものだ。

10月13日、驟雨を松坂屋百貨店に避ける。東武鉄道乗り場は出征兵士見送り人で雑踏している。見送り人の大半は酒気を帯び喧噪はなはだしく出征者の心を察するような者はほとんどないように見える。

・・銀座辺の住民中出征する者はすでに250余名に達しているという。

10月14日、この夜富士アイスの地下室に尺八をたずさえた一人の乞食が入り来てボーイを恐喝して珈琲をすすりまたいやがらせのため尺八を吹鳴した。その去ったあとボーイに聞くと辻潤という狂人でときおり物乞いに来るという。辻潤は十年前銀座尾張町のカフェータイガーでわたしを恐喝した貧乏文士だ。今夜これを見てもその容貌はまったく一変しボーイの話を聞くまでわたしは気づかないほどだった。(伊藤野枝の元夫)

10月16日、玉の井に至るとまたもや降り来たった雨の中を楽隊の音楽を先駆として旗を立てて歩みゆく一群に逢う。路地の口々には娼婦4-5人づつ一団になってこれを見送りバンザイと呼ぶものもいる。思うに娼家の主人が徴集されて戦地におもむくのだろう。去年の暮れからわたしが知る家に来て様子を聞くと、出征する者は二部何番地の家の息子で見送りの人々はともに白髭神社まで行って社殿で送別の式をして帰るのが通例だという。

10月20日、古本屋の中村が来た。先月信越方面に古本を買い出しに行ったさいその地方では徴集される兵士がとても多く、旅館はどこも混雑していたという。

10月21日、三菱銀行に行き付近の郵便局をたずね税金を納めた。

10月23日、堀口(大学)氏翻訳のジードのソヴィエト紀行修正の一巻を読む。

10月27日、夕食をしようと銀座に行くと上海戦勝祝賀の提灯行列があった。喧騒がひどいので地下鉄で雷門に行く。町のさまは平常に異ならない。・・東武電車で玉の井に行く。ここはいつもより人出が少ない。

 

11月1日、本日から銀座通り百貨店は夕刻から閉店。

11月3日、大日本中央文化連盟とかいうところから公爵島津某の名義でわたしを同処の評議員に任ずるとの辞令風の印刷物を郵送してきたので、即刻郵便でこれを返送した。嗚呼わたしが文筆を焚く日も遠くないだろう。

11月7日、食料品を買いに銀座に行く。日曜日で街の雑踏がひどい。朝日新聞入り口にイタリアの国旗を出していた。(前日、日独防共協定にイタリアが加盟し三国協定になった。)

(11月11日、日本軍上海占領。)

11月12日、岩波書店から金500円送ってきた。

11月13日、公園所見(浅草)黄昏どき。空に宵月が浮かびあたりの電灯はすでに輝きわたっていた。小屋掛けの曲馬の前にたたずんで見ていると、高い所に軍服のような洋服を着た音楽師4人が休む間もなくラッパを吹いている。さだめて腹の減ることだろうと思って見ると夕風にさらされた姿はひとしお哀れだ。つながれた馬が三頭いた。その首にさげた桶にはすでに豆腐のからさえないようで、馬は絶えず鼻づらで桶の底をたたく。檻の中の猛獣は寒いためか乏しい藁を前足でかきよせつつ眠っていた。馬の足元に山羊が二匹ぼんやりと立ちすくんで馬の首にさげた桶から豆かすがこぼれ落ちるのを空しく待っていた。木戸番の男の容貌服装は貧し気で、そのあたりは不潔、看板の絵は拙く古び、これら一帯の光景は囃したてる音楽に調和して言い知れぬ淋しさを思わせる。

11月15日、夜浅草公園散歩。曲馬を看る。

11月16日、今年梅雨のころ起稿した小説冬扇記は筆がすすまない。その後戦争が起こって見ること聞くこと不愉快でないことはなく感興もいつか消散した。

・・今宵もまた浅草に行きオペラ館の演技を看る。わたしが浅草公園の興行物を看るのは震災後昨夜がはじめてだった。曲馬もこのオペラ館も10年前に比較すれば場内の設備をはじめ衣装背景音楽など万事清潔になった。オペラ館の技芸はかつて高田舞踊団のおさらいを帝国劇場で見たときのようでさして進歩していない。唱歌も帝国劇場に歌劇部があったころのものと大差ない。しかし丸の内で不快に思われるものも浅草に来て無智の群衆とともにこれを見れば一味の哀愁をおぼえてよい。(帝劇創設時は荷風も一時加担していた。)

11月18日、午後門を出て浅草公園興行物を巡見する。

11月19日、浅草に行きオペラ館の新曲を聴く。この一座の演じる一幕もの社会劇は誰が作ったものか、簡明で人をあきさせない。しばしば人情の機微をうがつ。侮りがたい手腕がある。

・・この秋から冬に至る女の風俗を見ると、髪はちぢらした断髪にリボンを結び、額際には少し髪を下げたものが多い。衣服は千代紙の模様をそのまま染めたものが流行している。大形のものは染色がけばけばしく着物だけが歩いているように見える。売店の女また女子事務員などの通勤するさまを見ると新調の衣服和洋ともを身につけるものが多い。東京の生活はまだひどく窮迫するには至ってないと思える。戦争もお祭り騒ぎのにぎやかさで、それほど悲惨の感を催させない。要するに目下の日本人はとても幸福であるようだ。(経済の軍事化で銃砲弾は戦地で消費され、艦船飛行機はより大きな戦争のために蓄積されていった。このスペンディング・ポリシーで不況から回復した。)

(11月20日大本営設置。国民政府重慶に移転。)

11月21日、街に防火団の警笛を聞く。灯火を点じられないので今宵も浅草公園に行き国際劇場に入り時間を空費する。安藤君所作の日高川その他レヴューを看る。品よく作ったものだから興味が少ない。オペラ館の通俗卑俚がかえって喜ばしい。

・・裏隣りの魚類燻製所は近隣の苦情が多いため昨日深川あたりに転居した。

11月23日、電車で浅草に行き萬成座の演技を見る。この一座にも一幕もの科白劇がある。俳優の技芸すこぶる妙。脚本もまた悪くない。おおいに感服した。(東京吉本の大衆娯楽演劇)

11月24日、浅草の興行物はその場限りで歌舞伎狂言のように記録にとどまることがないだろうからその大略を左に記載する。

オペラ館11月9日より11月18日まで。

第一 残されたる女 三場 科白劇

第二 君と歌へば 九コマ・オペレチカルショウ

第三 美人国突撃隊 五景

第四 戦捷歓喜一色 ヴァラエティー七景二十コマ

オペラ館11月19日より11月29日まで。

第一 むすめこころ 一幕

第二 カルメン 一幕

第三 浅草の歌

第四 黎明ニッポン

萬成座11月19日より

第一 瀧夜叉お米 三景

第二 二階貸します 一景

第三 仇討さくら榮五郎廓通ひ

・・雷門のほとりで玉の井の女4-5人に会う。24日は公休日なので映画を見に来るものが多いという。萬成座に入って見るとここにも2-3人がわたしの顔を見てそれとなく会釈するものもいた。

11月30日、ひとり浅草公園に行きオペラ館に入る。この夜は三の酉で公園もまた人出が多かった。10時すぎ待合お駒に立ち寄ると旧築地劇場女優吉野何子がいた。また常盤座笑の王国一座に出勤する女優柳澤マリ子という洋装の若い女が来合わせ雑談暁二時までにおよぶ。マリ子の話で公園芸人の事情が少しわかるようになった。

荷風マイナス・ゼロ (47)

NHKたけくらべ

昭和12年(1937)

 

9月4日、知人から手紙があり池袋の飲食店は出征兵士送別会で日夜多忙だという。

9月5日、銀座四丁目から地下鉄に乗る。乗客の中に一人の女がいた。旅館の男物貸し浴衣に細紐をしめ平然としてその夫らしき男と話をしていた。男も同じ貸し浴衣を着ていた。年々日本人の無作法になっていくさまは驚くべきだ。

9月8日、朝のうちから民衆が歓呼する声が聞こえた。・・従弟が母の危篤を伝えに来た。後刻参上するから安心してくれと返事し、従弟を帰した。・・浴衣のまま出て浅草に行って夕食をとり駒形河岸を散歩して夜をふかし家に帰った。

9月9日、母親が亡くなったことを伝え聞く。葬儀はわたしをのぞき威三郎(三弟)一家で執行するといわれた。

9月12日、近所を歩く。(麻布)市兵衛町から箪笥町のあたりにも兵士の宿泊するところが多く、空き地に天幕を張り憲兵が立番しているのを見た。

9月13日、午後写真機を提げ芝山内を歩いた。・・通りがかりの僧がわたしを呼び止め増上寺に兵士が宿泊しているので周囲から山内一円は撮影を禁じられている。憲兵に見とがめられ写真機を没収されないよう用心しなさいという。わたしは深く忠告に謝して急いで大門を出た。

岩波書店編集員が来て、濹東奇譚印税1470円を小切手で渡された。

9月15日、この日から19日まで点灯禁止令が出た。市中の到るところが騒がしく住民は仕事を投げ打っていたずらに狂奔しているかのようだ。銀座三越は夕方5時に閉店し歌舞伎座は休みとなった。銀座辺りの飲食店はたいがい夜7-8時に扉を閉めるという。

9月17日、浅草公園外のアパートを2-3軒見歩いた。・・わたしはすでに麻布の家にも住みあきただけでなく裏隣りに食品製造所ができて臭気物音がはなはだしく、また近所も数年来貸家が建て込み雰囲気が悪くなって移居した当時のような粛然とした趣がなくなった。また年々灯火禁止のさい家庭防火団などに呼び出されるところもあり、家一戸かまえるのは何かにつけ煩わしさが多くなるようなので下町の陋巷に身を隠そうと思うのだ。

灯火を点じることが出来ないので写真現像をしたあと、押し入れの中に夜具を敷きヴォルテールカンディードを読む。

9月18日、この夜も灯火を点じることができないので戸棚の中で本を読む。家康が言った起きて半畳寝て一畳の言葉を思い出してひそかに苦笑する。

9月19日、廓内で好事家が発行する雑誌洞房語園を見せられる。「たけくらべのモデル」という記事があった。

頭の長吉(鳶の息子) 松山正太郎 現在亡 江戸一の為は正太郎の弟

田中屋の正太郎 質商三木屋 饗庭三之助 亡 饗庭篁村弟 (定説ではない)

藤本信如 大音寺先代住職 加藤正道 亡

9月21日、牛肉が戦争のため値上げとなる。一人前ヒレ60銭のところ70銭余となる。

(9月22日、国共合作成る。紅軍は国民革命軍に編入された。)

9月25日、玉の井組合事務所の二階に花嫁学校というものがあって私娼に家政生け花などを習わせるという。

(9月28日、国際連盟が日本軍の都市空爆を非難する決議を採択)

Eye Love You 大奥

 

初めての키스はつつましやかで、それはいいけれど二階堂がはっきりしないので話がはずまない。心の声でサランヘと聞こえたのだから、もう突っ走るしかないだろうに。

この話では超能力があまりうまく機能していなくて、設定をもてあましている。肝心のときに昔なじみの「好きだ」という本心が初めて聞けて動揺している。この板ばさみは冬ソナのユジンか。優柔不断は、二階堂に似合わない。次回に期待したい。

 

 

 

 

大奥ドラマをちゃんと見るのは初めてなのだが、男女逆転とか本作のように権力構造転倒とかいろいろひねりをくわえないとならなくなっているようだ。この無政府状態はうまく機能していなくて、幕府は18世紀なのに瓦解しそうだ。

 

オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜は以前記事にしたが、王子の儀式など格調高い名場面だった。なんとなくオスマンの歴史が理解できるような気がして参考になった。 

日本の大奥は観たことを頭から消さないと、入試には受からないだろう。

 

 

 

もっぱら小芝の凛とした姿や

 

 

憂い顔や

 

 

愛嬌を楽しめれば、余は満足じゃ。

荷風マイナス・ゼロ (46)

 

昭和12年(1937)8月11日に上海事変がはじまり日中全面戦争となったあと、中国駐屯軍が北支方面軍へと編成された。そのとき司令官となったのは、中学時代同級で荷風をいじめていた寺内寿一だった。その後昭和16年南方軍総司令官となり、日本降伏後に病没している。そのため軍事裁判にはかけられなかったので、戦犯として記憶されることはなかった。インパール作戦を認可したり、寺内・愚将で検索するといろいろ悪評が出てくる。

 

国立国会図書館デジタルコレクションに、昭和13年発刊された「大将の少年時代」という軍人の伝記をまとめた書籍がおさめられている。そのなかに寺内の少年時代の項目がある。そこでは荷風は文学少年で本ばかり読み、髪を長くしていたので制裁をくわえたと語られている。「常に小説本などを懐中し、髪もこれを長くのばしてゐましたが、これが剛毅の寿一少年には甚だ面白くなかったのです。」(同書)

 

 

www.youtube.com

参考までに、チューブで一週間前にこんなクリップがupされていた。内容についてはまだ検討中で評価できない。

さよならマエストロ 大奥キスシーン

 

今回も安定して面白かった。大人になった芦田の演技が見たくて踏みこんだ沼だが、各団員の個性もうまく描けているのであきない。今回は津田寛治新木優子の出番で、ヴェテランの津田はいうまでもないが新木が役にはまっていい女っぷりだ。玉山鉄二ロッシーニも笑えた。

芦田は父との距離をあらわすためかリベロみたいな動きだが、謎が解きほぐれるとともに表情が豊かになってきている。初ロマンスまで突き進んだらいい。

 

 

 

こちらは小芝のもっとも高価なコスプレドラマという以外、見どころはない。今回は付き人が変装もせず、唐衣のまま荷車を引くシュールな画を見ることができた。姫脱走の場面だが、応仁の乱か。

 

 

上様と初めて結ばれたので、小芝のキスシーンを集めてみた。

 

 

 

これは舞台