大泉椎名町

男であるとはクズだということで、なんの弁解もない。女も同類であることを願うばかりだ。

 

f:id:moonleex:20210726210519p:plain

 

萩尾望都竹宮惠子が1970年から2年間共同生活をおくった練馬区のアパートは、富士街道小関バス停を降りて北にちょっと入ったところにあった。

 

f:id:moonleex:20210726211249j:plain

 

いまは開けていなげやもはま寿司もあるが、1960年代の小関近辺はこんなかんじでもっと田舎びていた。

街道を折れるとすぐ畑で、送電線と鉄塔が目印だったと当時の回想にある。

 

f:id:moonleex:20210726212134p:plain

 

家並みはすっかり建て替わってしまったようだが、畑と鉄塔は健在だ。大泉の空は広い。

 

f:id:moonleex:20210726212436p:plain

 

二人の共同生活の破綻については、竹宮が書いた「少年の名はジルベール」しか読んでいない。そこではモーツアルトサリエリのように互いの関係が描かれ、才能の差の自覚に耐えられず同居解消を申し出た話としてまとめられていた。

かたや戦後表現者の極北でありこちらも隆盛をほこる日本BL産業の祖で、ともに位人臣をきわめている。メディアがこの典型的ライヴァル物語に飛びつかないわけもなく、大泉サロンの美名で彩られた往時をドラマ化しないかとかいろいろ企画が立てられたようだ。

 

これに対し萩尾は「一度きりの大泉の話」を書いて、世の風塵から逃れようとした。そんなきれいごとではなかった、ということのようだ。

これで二人の存命中は大泉サロン物語が消費されることはなくなっただろうが、長い目で見れば萩尾も火にあらたな薪を突っこんだと予測できる。

 

f:id:moonleex:20210726221846j:plain

 

2016年に出た山上たつひこムックに、江口寿史が「ドギワ荘の妄春」というパロディーを寄せている。豊島区椎名町にあったトキワ荘については多くのことが語られているが、この江口のマンガがいちばんひどい。作者は地獄に落とされるんじゃないかと思う。

 

1960年前後のトキワ荘グループの生みの親で人格者であり、兄貴分として尊敬されていた寺田ヒロオがネタにされている。トキワ荘映画では本木雅弘が演じていた。

藤子不二雄らがモデルの後輩に「マンガは妄想だ」と説くテラさんは、年中性欲にかられムラムラムラムラムラムラムラムラしている。

茶屋に入れば看板娘に欲情し、団子を挿入する妄想にとりつかれる。

 

f:id:moonleex:20210726233314p:plain

 

寺田が存命ならバットで頭を割られているだろう。これはトキワ荘神話だけでなく、50年代の明朗柔道漫画「イガグリくん」を山上がおちょくった、卑劣な主人公「イボグリくん」のさらにパロディーにあたる。山上マンガの精髄を受け継いでいるだけでなく、この何も恐れない妄想力こそマンガの生命だと思わせる。

インドネシアのゴジラ対巨人

f:id:moonleex:20210720073706p:plain

 

 インドネシアにもIT時代のレイ・ハリーハウゼンがいて、おもしろい映像を発表している。いろいろな方面のオタクのようだ。

ゴジラ対巨人

 

この制作グループの

Worms Zone in Real Life

www.youtube.com

と続編の

Worms Zone in Real Life 2

も観て損はない。

 

台湾のチームである葉式特工は以前日本で紹介されたことがあるようだが、

近作のゴジラもかなりのものだ。

www.youtube.com

 

インドのコング対ゴジラ

f:id:moonleex:20210717230234j:plain

 

3Dアニメコングはtubeで破壊格闘シーンをほとんど観られたので、映画館には行かなくてもよいかなと思っている。

だれもがギレルモ・デル・トロポン・ジュノでないのは仕方ない。

 

と思っていたら、インドの民間人がおもしろい映像を発表していた。

インドに怪獣オタクがいるのは新鮮な驚きで、しかも独創的だ。

 

www.youtube.com

メカゴジラのデザインもいいし、●●●●●●がいるのが共感できる。

 

この人のチャンネルでは

Godzilla- A day in the Life

Micro-Godzilla: King of the Insects

Mega-Godzilla: King of the Universe

 

www.youtube.com

Godzilla vs. Baby

Godzilla: True Identity

 

www.youtube.com

もおすすめだ。

どうしてこの人に監督をやらせなかったのだろう。プロになったらシャマランを超えると思う。ものすごい低予算で、辛気臭くない新しい怪獣映画をつくれるだろう。しかも一人で!

 

 

f:id:moonleex:20210717230513p:plain

激突!クルクシェートラ

 

f:id:moonleex:20210706211852j:plain

ヴィジャヤニルマラ、クリシュナ

 

テルグでNTRの  Daana Veera Soora Karna が発表された1977年には、おなじくマハーバーラタ映画である  Kurukshetram が製作された。こちらは20才年下の、スーパースター・クリシュナがアルジュナ(テルグ:アルジュヌル)を演じた。どちらもサンクラーンティ(小正月)のお祭り興行で、新旧スターの激突となった。

Kurukshetram はカウラヴァ視点の Daana Veera Soora Karna と逆に、正系のパンダヴァ側を主に描いている。当時の人気者である Krishnam Raj がカルナ、Sobhan Babu がクリシュナのスター興行だった。

 

マハーバーラタを映画化する場合、いくつかの大きなイヴェントを軸に話が組み立てられる。Kurukshetram の場合、

アルジュナ弓合戦とドラウパディーとの婚姻のいきさつや蝋館焼き討ちによる暗殺のこころみは抜けて、以降のパンダヴァ兄弟の逃避行からはじまる。

前半は逃亡中の挿話として

アルジュナのスバドラーとの駆け落ち

が描かれ、

国に復帰してからは

ビーマのジャラーサンダ殺し

幻影宮殿でのドゥリョーダナの恥かしめ

アビマニュとウッタラーの交情

カルナの不死身の鎧の布施

ドラウパディーの脱衣の危機回想

クリシュナによる調停

 に至る。

 

スバドラーはスーパースター・クリシュナの妻、ヴィジャヤニルマラが演じている。スバドラーは半神クリシュナの妹で、これによってクリシュナとパンダヴァの同盟が結ばれた。

幻影宮殿Maya Sabhaではドゥリョーダナが誤って池に落ちて恨みをもつのだが、山際素男マハーバーラタの解説ではガラスの存在に無知なほど文明が衰退した姿として解釈されている。インダス文明滅亡後に侵入した中央アジア遊牧民の末がパンダヴァとカウラヴァ一族で、パンダヴァの幻影宮殿はアシュラのマヤースラに建てさせたものだった。アスガルド巨人族に築かせた北欧神話にも似ている。

NTR版ではここでジャヤマーリニが踊るのだが、クリシュナ版では姉のジョーティラクシュミがドゥリョーダナを誘惑する。

 

ドゥリョーダナ役の Kaikala Satyanarayana は、 Daana Veera Soora Karna では剛腕ビーマを演じている。貫禄たっぷりだが若いころはNTRそっくりさんとして頭角をあらわし、ここでも悪役を好演している。この他にもシャクニ役だった Dhulipala がインドラになるなど、両作品の役者は被っている。

 

www.youtube.com

アビマニュは、クリシュナとスバドラーの息子にあたる。ウッタラーはアルジュナの変性時代の踊りの弟子で、ここではジャヤプラダが踊っている。Nartanasala (1963) では L.ヴィジャヤラクシュミ が演じていた。

 

カルナはパンダヴァ兄弟の母 Kunti の隠し子で、カウラヴァ側であってもパンダヴァとは兄弟にあたる。父は太陽神スーリヤで、鎧を体に埋めこんでいた。それをバラモンに布施として与え、死の運命を身にまとうことになる。

 

時系列があちこち飛ぶ構成で、賭博の場面はない。かわりにドラウパディーの回想で脱衣が語られる。ジャムナの演技は説得力があり、美人でも踊れず演技ができないヴィジャヤニルマラとの差が感じられる。ヴィジャヤニルマラは、女性監督としてギネスに名を残した。

 

賭博に負けて13年間追放中の挿話は、この作品では出てこない。

 

後半は戦争場面になる。ただし神話の闘いなので現実味はなく、Veerapandiya Kattabomman (1958) や Mughal-e-Azam (1960) と比べると、テルグには戦争映画の蓄積がなかったと思える。各登場人物の死が次々と語られる。

 

 後半のイヴェントとして

クリシュナの巨人化Vishvarupaの顕現

カウラヴァ司令官ビーシュマの矢ぶすま

アビマニュの死

インドラの槍

ラクシャサとガトートカチャの活躍

カルナとクンティーの親子対面

カルナの逡巡

ビーマによるドゥシャーサナ殺し

カルナの死

ドゥリョーダナ決闘

と盛りだくさんにエピソードが連なる。

 

ビーシュマはパンダヴァ、カウラヴァ共通の師父として尊敬されていた。女に武器は向けないとの誓いを逆手にとったクリシュナの姦計で、両性具有のシカンディーを戦車に乗せたアルジュナとの対決で戦闘を放棄し全身に矢を浴びた。そこから戦争の流れがパンダヴァ有利に変わることになる。

 

ビーマは賭博場面でドラウパディーの髪をつかんで引きずり、服をはぎとろうとしたドゥシャーサナを殺し血をすする。ドラウパディーはその血で髪を染めさせる。ここでもジャムナが怖い。

 

アルジュナとカルナによる神話的兵器を使った攻撃の応酬は、NTR版とおなじく特撮の水準が低い。これはガトートカチャの場面にもいえる。

 

ビーシュマに代わって司令官となったカルナは母クンティー(アンジャリー・デーヴィ)と対面し、アルジュナ以外のパンダヴァは殺さないと約束する。このため何度好機があっても敵を見逃してしまう。最後は呪いで戦車の車輪が大地にめりこんだところを、息子アビマニュを殺された恨みに憑かれたアルジュナによって討たれる。

 

すべての兵を失ったドゥリョーダナは湖に隠れるが、パンダヴァに居所をつきとめられる。そこでビーマと決闘となり、弱点の太腿を砕かれて死ぬ。

ドゥリョーダナは裸で母の視線を受ければ不死になる機会があったのに、バナナの葉を腰にまいたためそこだけ祝福を得られなかった。アキレウスの話に似ている。

映画ではNTR版もクリシュナ版もドゥリョーダナの腿が朱に染まるのだが、もともとの話では下腹部を痛打されたのだろう。旧約でも太腿は性器の言いかえだった。原典では反則攻撃であったことが強調されているので、玉砕だったのではないか。

 

以上の見せ場は、クリシュナ版とNTR版で重なっている。挿話がおおいので、シカンディーの登場など数秒で描かれてしまう。また叙事詩マハーバーラタだけでなく、南伝の異本の話も混じっている。

NTRのカウラヴァ版には、カルナの物語がつけ加えられている。前半では赤子のカルナを箱舟に乗せて流すところや、身分が低いとして弓合戦への参加を拒まれたのをドゥリョーダナが助ける場面がある。そこから両者の盟友関係がはじまっている。

 

Kurukshetram と Daana Veera Soora Karna の対決は、興行面でも後世の評価でも後者が圧倒した。クリシュナ版は、tubeにもあまり映像がない。

戦闘場面は前者のほうが大がかりで、カメラを手持ちふうに動かしたり工夫している。脚本はNTR版がすぐれていて、当時でも記録となった長大な作品だがあきさせないし悪のNTRショーとして求心力がある。クリシュナ版はよくもあしくも正月興行的で、正義派の見せ場の羅列になっている。

マハーバーラタの賭ケグルイ

f:id:moonleex:20210630230341j:plain

 

いろいろ筋のからまったマハーバーラタだが、このいきさつをドゥリョーダナを中心にすえて描いたのが Daana Veera Soora Karna (1977 telugu) で、NTRがドゥリョーダナ、カルナ、クリシュナの三役を演じている。3時間46分と長いが、世界最長といわれる叙事詩の主筋がわかりやすく映画化されている。


クルクシェートラ戦争の起点は、パンダヴァ兄弟長兄のユディシュティラ王とカウラヴァ兄弟の長であるドゥリョーダナの博奕にある。このくだりはMaya Judham 偽りの賭けと呼ばれる。

www.youtube.com

ユディシュティラは賭博好きだったが博才がなかった。「ゲルマーニア」でも戦士たちは骰子賭博にふけっていたとされ、牧畜民の習性かもしれない。その弱点を知るドゥリョーダナは、ガンダーラ国王のシャクニを使って骰子を振らせる。それはシャクニの父の骨で作られたもので、意のままに目を出すことができた。つまりイカサマ、マーヤーだ。
使われたのは四面の棒骰子で、現代のインドでもChauparというゲームで使われている。

 

博奕は運命を占う宗教的意義をもつものでもあり、王には勝負を拒めないダルマがあった。ユディシュティラは次々と負け続け、土地財産身分のすべてを奪われさいごに兄弟共通の妻であるドラウパディーを賭けそこでも負けた。
ドラウパディーは奴隷として衣服を脱がされそうになる

www.youtube.com

が、クリシュナにささげた祈りのおかげでサーリーははぎとられるたびに長さを増して救われた。

 

クル国王の取りなしで賭けは無効にされるが、最後に申しこまれた一勝負でパンダヴァ側は再度負け追放を受け入れる。
12年の放浪と1年の隠遁ののち復帰したパンダヴァ兄弟とカウラヴァ一族の、土地をめぐる争いは最終決戦に向かう。

 

この映画の目玉はNTRによる侠気もあるワルのドゥリョーダナ、不運な善人のカルナ、時にコミカルなクリシュナの演じ分けにあり、三人の合成画面の特撮はよい出来だ。撮影の大変さがしのばれる。ただし照明の都合でほとんどスタジオ制作となり、構図は平板で舞台劇のようだ。そのかわり各NTRのクローズアップが多用され、画面に抑揚をつけている。一人三役ありきの作品だが、テルグ映画を代表する大ヒットとなった。

戦場でクリシュナがアルジュナをさとすバガヴァッド・ギーターの場面では、クリシュナの宇宙形態Vishvarupaが示される。戦闘場面の特撮は安っぽい。

www.youtube.com

 

憎々しげなシャクニを演じた Dhulipala は、NTR主演の Sri Ramanjaneya Yuddham (1975) ではYayati 王となり怪物退治をしている。

 

女優はカーンチャナーとB.サロージャー・デーヴィが出ているがすでにアラフォーで踊らない。

かわりにジャヤマーリニとヘレンのダンス場面がある。

 

テルグ語では కర్ణుడు, కృష్ణుడు, దుర్యోధనుడు カルヌル、クリシュヌル、ドゥリョーダヌルになる。